« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

月光 その二

Tugikage_2 月の影響でよく知られているのは潮の干満や生物の産卵との関係など。

そして事故や犯罪の発生との因果関係も言われたりするようですがもちろんこれに定説はなく、異論や反論もあるようです。しかし論議があったり誤謬が流れたり自体も「影響」だとしたら、これもそのなせる技かもしれません。

正に働いたり負に働いたり、科学的であったり伝説的であったり、実証済みであったり嘘っぽかったり。でも月本人はただ変わらぬ光を注いでるだけ。

少しその力を分けてもらえたら自分の絵もも少しマシになるかも。

それは静謐の境地か狂気の領域か。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

2010年5月29日 (土)

月光

Gekko_3 月に兎が見えるようになったのは大人になってから。こどもの時はわからなかったのが、ある時ふと「ああ、たしかに。うさぎだな」って。

頭が進化したのか退化したのかは不明ですが、小学校や中学校の理科の授業とかNHKや図書館の図鑑なんかの正しい情報に囲まれて成長したあげくの結果ということでは、ひとつの到達点だと言えます。

しかし、「こうせいするちしつのはんしゃりつのちがい」より「ウサギ」や「焚き木を背負う男」の方が画題にしやすそう。

~かわづのなくねも かねのねも さながら霞める朧月夜~

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

2010年5月26日 (水)

clockwork

Usagisan 環境や状況が変わると新たな出会いもありますが、会えなくなってしまう人もいます。メールで近況を聞いたりは出来ますが、時の経過は話題の共有性も薄くさせるようです。

でもお互いが描きつづけていたり相手の描きつづけていることに興味を持ち続けていたりすると、色褪せないテーマをいつももっていられるような気がします。

ときおり、作品画像をメールに添付して送り、ちょこっとしたコメントをもらったりして。それだけだけど、そのちょこっとした中にも自分が使ってみようとしなかった言葉や感覚に気づかせてもらうこともあったりします。

この絵は「瞳がキラキラして冒険心がありそう」って返信をもらいました。

冒険心。気づいてなかった言葉だ。

こんな時は心の中の螺子をぎりぎりぎりぃって巻いてもらえた感じです。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

2010年5月10日 (月)

ニラハウス

先日、しばらく連絡していなかった知人が突然携帯のメールに、「今、BSで藤森建築やってますよ」とのお知らせをくれたのでテレビをつけてみると、赤瀬川さんとご自宅のニラハウスの映像が映っていました。

ニラハウス。設計や建築に関係されている方には特にご存知の方も多いと思います。東大の藤森先生が設計された屋根にニラのはえた住宅です。

その後、少し気になってネットでも検索してみたらテレビで見たのと同じ「今の」ニラハウスの画像を見ることできました。竣工時とは異なる黒ずんだ外壁は迫力も感じさせ、そして同時に時の経過を思いましたが、その建築がされた十数年前、自分もこの建物の設計者の一人として参加していました。

藤森先生と協働でクレジットされています大嶋氏から当時声をかけられての参画でしたが、設計だけではなく製材所でお手伝いしたり、赤瀬川さん・藤森先生・大嶋さんと柱に使う木を伐りに行ったり、フリーになったばかりの自分は良い経験をさせていただいたものでした。

ちょうど同時期に着工した大嶋氏と協働の別の物件を僕が主となって監理していく方向になり着工したニラハウスからは少し離れてしまいましたので、それからのち皆さんが「縄文建築団」として行っていかれた数々の自力建設には参加しませんでしたが、建設の節目の時には現場に赴き、竣工時は赤瀬川さんの関係者への記念の版画を自分もいただいてとても嬉しく思いました。すぐに額を買いマットを注文したものですが、今も自宅に飾っています。

知人のメールがきっかけとなり思い起こしたそんな一連のことを少し書いて見たくなりましたが、画像は・・・雑誌やネットで見ることのできる建物ですが、自分が関係した個人のお宅ですし、ここでは控えさせてくださいね。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

フリマへ

今日5月9日、またも吉祥寺パルコのフリマへ。今回は欲しかったA4くらいの絵がすっぽり入るバッグがゲットできました。が、すっぽりはいりすぎる大きさで日常の使用にはやや大きいか・・・なのと衣服関係は不発でしたから、成果としては悪くなかったけど願ったり叶ったりとはいきませんでした。

Hyoshi_4  ま、フリマですからね、そうそううまい具合にジャストなものが手に入る訳ではないし。何も買わずに帰る時もあることから言えばもちろん悪くない結果です。それにこのジャストじゃ無さ加減ってのは、異なる視点を気付かせ、新たな領域へのチャレンジを促し、創意工夫の源になる。とも考えられる訳で。金を出せばなんでも手に入る世の中でこのズレ具合は悪くないものです。

File そして結局、本日の収穫はそのバッグとふと目について買ったポストカードサイズが入れられるフォトファイルで、しめて¥800なり。ファイルには早速表紙の小窓に自筆のタイトルをいれました。大真面目に。それから手近にあるカードを仕込みましたが、今後は実作の小品を入れたり作品コピーを入れて自分が見て嬉しくなるようなポートフォリオとして充実させたいわけでして。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

2010年5月 4日 (火)

5月4日 休日

201005040843000_2休日の日々、実家でまったりすごしています。が、まったりした中の少しのスパイスのこいつ。よくカラス対策なんかにぶらさげてある目がキラキラ反射するやつですが、ノラ対策らしく庭の2ヶ所ばかりに設置してあります。ノラへの効果はわかりませんが自分には結構効果的で、風でゆらゆらするのが視界の端に入ると驚くほどじゃないけど何度かはっとさせられてます。ちょうどこの前に写ってる物干の脚の陰から出入りしてるような。

そしてもう少し素敵なスパイス。実家から車で行く距離ですがさほど遠くはなく数十分ほどでいけるところです。昔から美術館や記念館がありましたがその後レストランやショップも出来て、散策道にはこんな201005040942000 吊橋もあります。

少しおっかなびっくりの方もいるようですが、綺麗な新緑に包まれてわたる吊橋は自分には程よく爽快な味加減です。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

2010年5月 2日 (日)

reflection

Genpei_2 休日を故郷の静岡県三島で過ごしています。

実家の周辺にはいくつもの川が流れていて、自分も子供のころはよくそこに入ってザリガニや魚をとっていました。当時はあまりきれいな川ではなかったため僕たちのようなそんなことにおかまいなしの子供くらいしか入っていませんでしたが、今はとても澄んだ流れなので夏には大人でも水に足をつけたり、流れの中を歩いたりを楽しむ人がたくさんいます。そしてその背景には多くの方の長い間されてきている努力があるそうです。

天気がとてもよくて気温も高い今日。ひさしぶりに立ち寄った川ではもう水に入る子供たちの姿が。自分もサンダルでくればよかったな。おとなだけど

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト

◆HP(作品掲載)

◆好きな作家さん

◆my friend

  • 猫模様
    絵とか料理とかいろいろなtomoさんのblog

◆eternal

COUNT

◆◆◆

◇リンクについて

  • リンクフリー
    アンリンクフリーです
    http://nostudio.cocolog-nifty.com/blog/
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ