« 祈り | トップページ | p a i n »

2011年3月22日 (火)

five

しばらく絵を描かなかった。 描けなかった? のかな。。。
けど。 また少しずつ描き始めてます。そこにはいろんな考えもあるでしょう。

意味・意義・必要性・何故・だから・だって・でも・そして・それから・ じゃぁあなたは?-

言葉で、HPで、blogで、twitterで。感じるいろんな人の思い。
うん。そうだな。僕は「描こう」って思います。 ええ。 描くよ。

そして今は公表しないつもりの個人的な制作を再開しています。これは自分としては意義があり大事にしてるんですけど、
そんな訳だからブログの更新に機能しない。
でも書かないで「停滞」を感じさせてしまうのは避けたいし、そんなときに少し旧作のことでも書いてみよう。

Fiveweb_4

five (530x340)

この作品は2009年の世界堂「第5回世界絵画大賞展」で入賞したものです。
よく聞かれたのは「なんでfive?」ってこと。4人しかいないじゃん。
そして聞かれて問われるままに答えてきました。特に重々しく寡黙なキャラでもないし。ええどうせ。

一つは「五欲」の意から。 色・声・香・味・触。
そして画面外の5人目の暗示。他の存在。他の視点。彼らの一人?見てるあなた?それとも・・・
ってちょっぴりだけどfiveな話。

それから。制作全般ですが、思考の根底にいつもエロスはあります。
そこへの直接な表現を試みてた時期もありましたが、写真表現からそれを感じる方が好きだったからやめちゃった。
それについてはまた書こう。
だからこの絵もそうなんだけど、むしろそんなことと逆方向にアプローチをとってきました。
虚構性や物語っぽさ。少しマンガチックな人物。そしてそんなウソクサイ絵なんだけど、描画に極力「リアルさ」を持ち込むことで、
さらにまた反対にある生々しさに再度アプローチしたいんですよね。

自分の制作でのエロスへのアプローチ。自分はヘテロですがそれに関しては男女ボーダレスな気もしてます。
そこの違いは自分でも解らないし興味もある。これから描いてく中で気づいたりもあるのかな。
そういえば電車で痴漢されたことはあるな。男から。
それと夜起きたら隣に見知らぬ男が座って衣類の上からだけど触ってたこともあるぞ。何か関係あるのかな。
それについてもまた書こう。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

« 祈り | トップページ | p a i n »

art」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208538/39322580

この記事へのトラックバック一覧です: five:

« 祈り | トップページ | p a i n »

フォト

◆HP(作品掲載)

◆好きな作家さん

◆my friend

  • 猫模様
    絵とか料理とかいろいろなtomoさんのblog

◆eternal

COUNT

◆◆◆

◇リンクについて

  • リンクフリー
    アンリンクフリーです
    http://nostudio.cocolog-nifty.com/blog/
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ