« 展示が終わりましたの取り急ぎのお知らせです | トップページ | 11月の展示報告 展示二日目のこと »

2011年12月 1日 (木)

11月の展示報告 展示一日目のこと

2011年11月3~5日で行いました東京・西荻窪での展示の報告レポです。
しかし。こんなことを予感して前記事で「とりいそぎのごあいさつ」をしておいてよかった。。。すでに一月経過です。
お恥ずかしいことにその間に他の方は既に記事化してくれていたり。そのお礼もかねてまたご紹介させていただきます。


記事は1日ごとの報告と、協力いただいたり出会いがあったりの方々についての4回ほどで掲載させていただこうと思います。
まずは初日から。。。


20111103_tenji01



毎回書いていますがこの展示はパートナーのフクオカミカと行っているもので、彼女の発案から東京・西荻窪の
閉鎖した店舗をお借りして行っている少し変わった展示です。毎回不安と疑問と楽しみと期待とで望む展示も3回目。


しかし。。。

今回は過去2回に無い不安感でスタートしました。
それほど新作が無いのに何故。何故ギャラリーじゃない処で。もう飽きられるのでは。
なんとなく今やっていることに必然の思いを持てず、そしてその気持が現実になるかのようにほとんど人も来ない中、
時間だけ過ぎて行きました。

ただ自分たちの中に絵を街中にさらすこと、自身を試してみること、そして考え感じること、
それを覚悟する気持は多少できてきているようで、無為な時間とは感じませんでしたけど。でもやはりね。
観てもらえたら。。。



そして夕方。
ギターケースを背負った一人の男性が来て絵を観はじめました。ゆっくりと。丹念に。
それから僕は話しかけられてしばらく制作の話などをさせていただきました。
実はその方は会期中にご家族と一緒に再度いらっしゃってくれたのですが、そのとき話されている言葉の感じは
フランス語かなって印象でした。
でももちろん僕には流暢な日本語を使い絵を気に入ったと話てくれました。ほしいなって思いも含めて。




その時間が過ぎたときに最初の疑問は消えていました。
だって観てもらえて、興味を持ってもらえて、好きだと感じてくれて。
僕らはそのことを一義的に感じるから。それ以上は無いから。 だから。
もう今回の展示に疑問の余地は無くなったのです。


ほんとにほんとに。ありがとう。是非またいつか。心の底から望みます。


2日目を楽しむ思いが過半を占め、シャッターを降ろし、初日を終えました。



にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

« 展示が終わりましたの取り急ぎのお知らせです | トップページ | 11月の展示報告 展示二日目のこと »

art」カテゴリの記事

フォト

◆HP(作品掲載)

◆好きな作家さん

◆my friend

  • 猫模様
    絵とか料理とかいろいろなtomoさんのblog

◆eternal

COUNT

◆◆◆

◇リンクについて

  • リンクフリー
    アンリンクフリーです
    http://nostudio.cocolog-nifty.com/blog/
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ